HOME > 演者の紹介 > 万作の会の狂言師たち
演者の紹介 野村万作

プロフィール

野村万作(のむら まんさく)

1931年6月22日生 B型 東京都出身。
重要無形文化財各個指定保持者(人間国宝)。2015年文化功労者として顕彰を受ける。祖父・故初世野村萬斎及び父・故六世野村万蔵に師事。3歳で初舞台。早稲田大学文学部卒業。「万作の会」主宰。
軽妙洒脱かつ緻密な表現のなかに深い情感を湛える、品格ある芸は、狂言の一つの頂点を感じさせる。国内外で狂言普及に貢献。ハワイ大・ワシントン大では客員教授を務める。
狂言の技術の粋が尽くされる秘曲『釣狐』に長年取り組み、その演技で芸術祭大賞を受賞。その他、紀伊國屋演劇賞、日本芸術院賞、紫綬褒章、坪内逍遥大賞、長谷川伸賞等、多数の受賞歴を持つ。
02年早稲田大学芸術功労者として表彰を受ける。06年朝日賞受賞。12年旭日小綬章受章。
『月に憑かれたピエロ』『子午線の祀り』『秋江』『法螺侍』『敦-山月記・名人伝-』等、狂言師として新たな試みにもしばしば取り組み、現在に至る狂言隆盛の礎を築く。
11年、練馬文化センター名誉館長に就任。
後進の指導にも定評がある。

著作物

「太郎冠者を生きる」 白水社(1984年)・白水社uブックス(1991年)
「狂言三人三様 野村万作の巻」岩波書店(2003年)

写真集

「ござる」狂言師 野村万作の藝 講談社(1990年)

野村萬斎

プロフィール

野村萬斎(のむら まんさい)

1966年4月5日生 B型 東京都出身。
祖父・故六世野村万蔵及び父・野村万作に師事。
重要無形文化財総合指定者。3歳で初舞台。東京芸術大学音楽学部卒業。
「狂言ござる乃座」主宰。
国内外で多数の狂言・能公演に参加、普及に貢献する一方、現代劇や映画・テレビドラマの主演、舞台『敦-山月記・名人伝-』『国盗人』など古典の技法を駆使した作品の演出、NHK『にほんごであそぼ』に出演するなど幅広く活躍。
各分野で非凡さを発揮し、狂言の認知度向上に大きく貢献。現代に生きる狂言師として、あらゆる活動を通し狂言の在り方を問うている。
94年に文化庁芸術家在外研修制度により渡英。
芸術祭新人賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、朝日舞台芸術賞、紀伊國屋演劇賞等、受賞多数。12年には芸術祭優秀賞受賞。
2002年より世田谷パブリックシアター芸術監督。

著作物

「萬斎でござる」 朝日新聞社(1999年)・朝日文庫(2001年)
「野村萬斎写真集」 アシェット婦人画報社(1999年)
「狂言サイボーグ」 日本経済新聞社(2001年)・文春文庫(2012年)
日本の伝統芸能は面白い③「野村萬斎の狂言」 岩崎書店(2002年)
「狂言三人三様 野村萬斎の巻」 岩波書店(2003年)
「What is 狂言?」 檜書店(2003年)
「MANSAI◎解体新書」 朝日新聞出版(2008年)

石田幸雄

プロフィール

石田幸雄(いしだ ゆきお)

1949年8月3日生 O型 東京都出身。
高校在学中より野村万作に師事。重要無形文化財総合指定者。
76年『茸』で初舞台。01年、宝生流田崎隆三師と共に「雙ノ会」を設立。
大胆かつ緻密な演技で、すでに数多くの優れた舞台歴を持つ野村家の重要な演者。
『三番叟』『釣狐』『花子』を既に披く。06年には「雙ノ会」で芸術祭大賞受賞。
11年観世寿夫記念法政大学能楽賞を受賞。
新しい試みの舞台にも意欲的な発表が多く、「法螺侍」「まちがいの狂言」「敦atsushi-山月記・名人伝-」「国盗人」でも活躍。
普及公演での的確な解説にも定評がある。
「万作の会」の海外公演にも多数参加。
学習院大学非常勤講師。

深田博治

プロフィール

深田博治(ふかた ひろはる)

1967年10月13日生 B型 大分県出身。
野村万作に師事。国立能楽堂・能楽三役第四期研修修了。能楽協会会員。
94年『魚説法』シテで初舞台。『奈須与市語』『三番叟』『釣狐』『金岡』を既に披く。
「万作の会」の演者の一人として国内外の公演に出演、実直な演技を見せている。
06年に発足した一門の若手研鑽会「狂言ざゞん座」同人。一門の若手を引っ張るリーダー的存在でもある。
朝日カルチャーセンター狂言クラス、また共立女子大学・東京女子大学・早稲田大学の各狂言サークルを指導。
2012年より出身地・大分県で「狂言やっとな会」を主宰。

高野和憲

プロフィール

高野和憲(たかの かずのり)

1972年11月29日生 A型 茨城県出身。
野村万作に師事。国立能楽堂・能楽三役第四期研修修了。能楽協会会員。
95年『鐘の音』シテで初舞台。
既に『奈須与市語』『三番叟』『釣狐』を披き、「万作の会」の演者の一人として国内外の公演で活躍中。
『まちがいの狂言』では張りのある高音と愛らしい姿でお菊役を熱演した。
「狂言ざゞん座」同人。若手の中心メンバーとして一門を支えている。
朝日カルチャーセンター狂言クラス・新国立劇場演劇研修所講師。またお茶の水女子大学・成城大学・東京大学の各狂言サークルを指導。

月崎晴夫

プロフィール

月崎晴夫(つきざき はるお)

1964年4月16日生 O型 千葉県出身。
野村万作に師事。能楽協会会員。90年に入門、92年『成上り』小アドで初舞台。
「狂言ざゞん座」同人。
『奈須与市語』『三番叟』を披くなど古典狂言の舞台のほか、『法螺侍』次郎冠者役、『彦市ばなし』天狗の子役などで出演。小柄ながら俊敏な動きを得意とし、「万作の会」きっての体育会系狂言師として活躍している。
海外公演の経験も多数。舞台『子午線の祀り』平大納言時忠役や、『国盗人』にも出演している。

竹山悠樹

プロフィール

竹山悠樹(たけやま ゆうき)

1980年生 東京都出身。
野村万作に師事。能楽協会会員。85年4歳で入門。
5歳の時に『茸』立衆で初舞台後、『業平餅』稚児役、『靭猿』子猿役など幼少より舞台に立つ。
「狂言ざゞん座」同人。既に『奈須与市語』『三番叟』を披き、「万作の会」の演者の一人として国内外の公演に出演。
殊に間狂言などの“語リ”の分野で存在感を示している。

破石晋照

プロフィール

破石晋照(はせき くにあき)

1979年10月15日生 O型 岩手県出身。
野村万作・萬斎に師事。能楽協会会員。破石澄元の長男。86年『しびり』シテで初舞台。
2010年より「狂言ざゞん座」同人。同年、第5回狂言ざゞん座にて「奈須与市語」を披く。

岡聡史

プロフィール

岡聡史(おか さとし)

1980年3月12日生 AB型 千葉県出身。
野村万作に師事。能楽協会会員。05年入門、06年『釣針』立衆で初舞台。
文化学院卒業後、狂言の道を志し入門。12年「面箱」を披く。15年に発足した一門若手の稽古会「狂言研鑽会」同人。

中村修一

プロフィール

中村修一(なかむら しゅういち)

1989年1月18日生 O型 京都府出身。
野村万作に師事。能楽協会会員。98年入門、00年『業平餅』稚児役で初舞台。
慶應義塾大学法学部卒業。9歳で入門後、『魚説法』『太鼓負』などに出演。12年「面箱」、16年「三番叟」を披く。「狂言研鑽会」同人。

内藤連

プロフィール

内藤連(ないとう れん)

1986年3月7日生 A型 東京都出身。
野村万作に師事。国立能楽堂・能楽三役第八期研修修了。能楽協会会員。09年『しびり』シテで初舞台。
成城大学経済学部卒業、在学中は狂言研究会に所属。13年「面箱」を披く。「狂言研鑽会」同人。

野村遼太

プロフィール

野村遼太(のむら りょうた)

1991年2月19日生 B型 東京都出身。
野村万作の外孫。祖父に師事。能楽協会会員。4歳の時に『靱猿』の子猿役で初舞台。
その後『伊呂波』『痺』『金津地蔵』『魚説法』『舟ふな』『蝸牛』のシテ、『千歳』、『二人袴』聟役などを勤める。
11年『奈須与市語』、16年「三番叟」初演。
95年のNHK大河ドラマ『花の乱』に春王役で出演している。

野村裕基

プロフィール

野村裕基(のむら ゆうき)

1999年10月9日生 AB型 東京都出身。
野村萬斎の長男。祖父野村万作及び父に師事。
03年、3歳の時に『靱猿』で初舞台後、『伊呂波』『痺』『金津地蔵』『井杭』『重喜』『魚説法』のシテ、『二人袴』聟、『千歳』等を勤める。
初舞台の稽古から本番に至るまでの姿は、NHKのドキュメンタリー番組にも取りあげられた(DVD「小さな狂言師 誕生~野村萬斎・親子三代の初舞台」収録)。