HOME > かわら版:News 一覧

かわら版:NEWS 一覧

2016.08.10 
9月29日(木)開催・興福寺御奉納「狂言と平家物語の夕べ」チケット好評発売中!

本年9月29日(木)、世界遺産・奈良 興福寺で「狂言と平家物語の夕べ」公演が開催されます。

野村万作が、「平家物語」屈指の名場面として名高く、能『八島』の替間(特殊演出)で演じられる、源平の八島合戦で奈須与市が扇の的を射たエピソードを仕形話にした「奈須与市語」を勤めるほか、野村萬斎が俳優・若村麻由美さんとともに、平成25年から取り組みを続けている舞台『千手』を勤めます。

同じく「平家物語」に題材をとる『千手』は、若村さん演じる手越の長者の娘・千手と、萬斎演じる平家の公達・平重衡の悲恋を描く物語。重衡は、興福寺を含む奈良(=南都)の寺社が平家の軍勢によって焼き払われた治承4年(1181年)の南都焼打事件で平家方の総大将を勤め、「仏敵」として大きな非難を浴び、源平の一谷合戦で捕虜となった後は、南都の僧侶に引き渡され処断を受けました。今回は、歴史的な事件の場で、因縁のある物語が演じられることとなります。
一度きりのこの機会を、どうぞお見逃しなく!

 

★フェスティバル奈良 興福寺御奉納「狂言と平家物語の夕べ」

日程:平成28年9月29日(木)18時開場・19時開演(20:50頃終演予定)

会場:興福寺 東金堂前庭 特設舞台 ※会場の詳細はこちら→ http://www.kohfukuji.com/

番組:解説 野村萬斎
   語「奈須与市語」  野村万作
   平家物語より「千手」若村麻由美・野村萬斎、
             設楽瞬山(尺八・龍笛)・岩佐鶴丈(楽琵琶・薩摩琵琶)・野田美香(楽筝)

料金:全席指定7,000円
※本公演チケットご提示で興福寺東金堂が拝観できるほか、「興福寺国宝特別公開2016 五重塔・三重塔」を割引料金で拝観することができます。

※公演の詳細・チケットのお求めはこちらから→ http://www.sap-co.jp/festivalnara/kohfukuji

 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

過去のかわら版